室内で犬を飼う場合に欠かせない、飼い犬のトイレスペース。
あるいは室内で飼い犬のテリトリー(居場所)を用意する場合、
ケージやサークルがお勧めです。

でも、ケージとサークルはとてもよく似ているため、
その違いが分からない方も多いようです。

今回は、ケージとサークルの違いを分かりやすく解説しちゃいます!
そして、その違いを踏まえてどちらを選べば良いのかについてもお伝えしたいと思います。

初めて犬を飼う方、または既に飼っていて、
ケージまたはサークルの購入を考えている方必見です!

ケージとサークルの違い

まずは、ケージとサークルの違いについて。
その形状から、
 

ケージ:天井と床がある
サークル:囲う柵のみで天井・床はない

 
というように区別できます。

材質や特殊な形状のものはこの限りではない場合もありますが、
概ね天井(屋根ともいう)と床の有無によって、ケージとサークルは異なります。

しかし、形状の違いが分かったところで、
どちらを買えば良いのか比較できませんよね。

これから、ケージとサークルのそれぞれのメリット・デメリットについて解説をしますので、
初めて犬用のケージ・サークルを買う方は参考にしてください!

 

ケージについて

ケージのメリット

まずはケージのメリットです。
先ほどお伝えした通り、ケージにはサークルにはない天井と床があります。
そのため以下のようなメリットが挙げられます。

 

上から物が落ちていた時に、飼い犬に怪我させない

→作りが丈夫。安心・安全。

 

天井の上に犬用のグッズがおける

→天井を収納スペースとして利用可能。

 

ある程度の広さがあるので、ハウス(家)とトイレスペースとして使える

→ワンちゃんのテリトリーとトイレスペースを一緒にすることができる。

つまり、床と天井がある分作りがしっかりしているし、
ワンちゃんの居場所としても使用可能ということです。

 

ケージのデメリット

これまで、ケージとサークルの違いを解説しましたが、これからそれぞれのデメリットについてもお伝えします。
メリットもある観点からはデメリットになる場合もありますので、慎重な吟味が必要です。

 
まずはケージのデメリットです。
ケージには作りがしっかりしている分、以下のようなデメリットがあります。

ある程度スペースが必要

→床・天井がある分、高さもあるので、ある程度のスペースを確保する必要があります。

 

檻のようで可哀そう?

→飼い犬の性格にもよりますが、狭い閉塞的な場所が嫌いな子もいるようです。
嫌がって折角準備してもケージに入りたがらない子もいますので注意が必要です。

 
ただ、ある程度しつけによってケージに慣れさせると改善する場合も多いようです。
また、ケージが檻のように見えて可哀そうと思う方も少なからずいらっしゃいます。

 

金属製だと重い

→ケージは床と天井がありますので、材質が金属だと、
かなりの重量になります。持ち運びは大変かもしれません。

 

ケージは天井がある分、入り口から飼い犬を運び出さないといけない。

→最近は、天井だけを開け閉めできるものもあるようですが、
天井が開かないタイプのケージだと、ケージの入り口からしか飼い犬を運び出せません。

 

 
以上、ケージのデメリットになります。
作りがしっかりしている分、手間暇がかかる場合もあるようですね。

 

サークルについて

サークルのメリット

それでは、次にサークルのメリットです。
ケージとの違いは、「天井と床がないこと」でしたね。
それによってどんなメリットがあるのでしょうか?
簡単に挙げると以下の通りです。

 

天井がないので犬の出し入れが楽

→さっと上からワンちゃんを抱きかかえることが可能です。

 

開放感がある

→言わずもがな、天井と床がない分、開放感があります。

 

スペースがあまりなくても問題ない

→サークルは、1枚1枚のネット状のパーツを組み合わせて作るため、
サイズの調節が可能な場合が多いようです。

 

軽いので持ち運びが楽

→天井と床がない分、ジョイント(接合部分)が少なく、
更にパーツをバラバラに出来る場合もあるようです。
その為簡単に折りたたむことが可能で、持ち運びも楽にできます。

 

お手入れが楽

→ワンちゃんがトイレをした後、簡単にサークルだけを撤去できるので、
掃除が楽です。

 
つまり、サークルは軽くて、折りたたんだり、また組み立てたりすることが簡単なので、掃除等のお手入れが楽です。

 

サークルのデメリット

では、次にサークルのデメリットについてお伝えします。
サークルは天井と床がない分、軽量で持ち運びが楽だというメリットがありますが、
その分、以下のようなデメリットが考えられます。

 

犬が興奮して倒したりする場合がある

→軽いので、簡単に倒されてしまいます。
普段は良いのですが、飼い犬が興奮して暴れてしまった場合などは注意が必要です。

 

丈夫ではないものもある

→こちらも天井と床がないが故のデメリットなのですが、
軽く、ジョイント(接合部)が少ないので、負荷の方向によっては曲がったりする場合もあるようです。

 

犬が落ち着かない場合も

→ケージのデメリットで、天井と床があると閉塞感があり、それを嫌がる犬もいる。とお伝えしました。
ただその感じ方は飼い犬の性格に依る部分が大きいです。

 
ケージとは反対に天井・床がないサークルは開放感が高すぎて、落ち着かないという子もいます。
慣れると家のように四方が囲まれているケージのほうが良いという犬もいます。

 
以上、サークルのデメリットです。
メリットも見方によってデメリットになりえます。

 
では、これまでお伝えして、ケージ・サークルのメリット・デメリットを鑑みて、
あなたに合った選択をお教えしたいと思います!

 

私にはサークルとケージどっちがおすすめ?

外出・来客が多い人はケージを

 
まず、ケージは以下のような方にお勧めできます。

・飼い犬だけでお留守番させることが多い方
・ご自宅に来客が多い方
・乳幼児がいらっしゃる方

 
→サークルだと飼い犬が興奮して飛び出してくる場合があり、危ないです。

 
また、犬だけで留守番をさせることが多い場合、
留守の間に飼い犬がサークルを倒して、家の中で粗相をしてしまったり、
盗み食いをしてしまう可能性があります。

乳幼児がいらっしゃる方だと、サークルを飛び出した犬が赤ちゃんに嚙みついたりする危険もあります。

ケージだと入り口の扉を締めてしまえば、飼い犬が勝手にケージの外に出てしまう危険性がありませんので、安心です。

つまり、ケージは飼い犬が勝手に外にでる危険性がないので、共働き世帯や出張で家を空ける場合が多い方、
ご自宅にお客様がよく尋ねてくる方、まだ小さいお子様が居らっしゃる方にお勧めです。

 

面倒くさがりな人にはサークルがおすすめ

次にサークルです。
サークルは次のような方におすすめです。

 

さっと掃除したい方

→ケージだと天井・床があり、重いので、掃除をする場合、とても大変です。
サークルはそんなケージに比べると、簡単に折りたたむことが出来、
撤去することが容易な為、飼い犬の排泄後トイレシートを取り換える作業もさっと出来ちゃいます。

 

スペースが取れない方

サークルはパーツを組み合わせるものも多いので、
広いスペースがなくとも、確保できるスペースに合わせてサイズを調節できます。
その為、ワンルームなどにお住まいであまりスペースが取れない方にもお勧めです。

 

犬が窮屈な場所を嫌う

→これは飼い犬の性格にも依りますが、飼い犬が床や天井があるケージの様に四方囲まれた場所が苦手な場合、
開放感のあるサークルがお勧めです。

 
面倒くさがりというと語弊がありますが、
サークルは掃除などのお手入れがとても楽なので、育児に仕事にと忙しい方にお勧めということです。
また飼い犬のトイレスペースとして広いスペースが取れない方にもお勧めです。

 

まとめ:飼い主・飼い犬の環境によって選択を。

さて、これまでケージとサークルのメリット・デメリットについて
お伝えしてきました。
ケージとサークル、どちらにもメリット・デメリットがあります。

 
その為、ケージ・サークルの購入を検討されている方は、
それぞれのメリット・デメリットは勿論のこと、
飼い主の居住環境・飼い犬の性格などをしっかりと把握して、最適な方を選びましょう。